<評価受付中企画>

  • 公開中 suku wa
  • 募集テーマ :「手漉き和紙」の特徴を活かした商品企画募集!
  • 「和紙が透いた柔らかい陽光を窓辺に」

    光を透かした時の和紙の表情、その光の質にとても魅せられます。
    室内へ射し込む陽光を拡散し柔らかくする障子の様な存在を、現代のモノとして置き換えてみました。
    準備にたくさんの時間をかけ人の手で大切に漉かれた「和紙」。
    その紙が透く、淡く柔らかい陽光は現代の私達の空間にも心地よく染み込んでゆくことと思います。

    「suku wa」は使用していないレースカーテン用のレールを使うか、レールを新しく増設して吊り下げます。
    輪状の木枠にプレス成型された和紙製シェードをはめ込み、個数と吊り下げる位置によって様々な表情が生まれる
    とても軽い、窓辺の「陽を和らげる装置」です。

    「suku wa」には、人の手が「和」の伝統技術を使い紙を「漉く」ということ。
    そして和紙が陽光を「透く」という2つの意味を込めました。

ユーザーが投稿したコンテンツ(デザイン・コンセプト、商品デザイン、文章、画像、動画その他のデータを含むがこれに限りません。)の知的財産権は、会員に帰属します。無断での転載・引用は禁止されています。

編集履歴

2020.04.24 15:58 デザインの内容が修正されました。
2020.04.14 11:05 画像3の説明が修正されました。
2020.04.14 11:04 画像2の説明が修正されました。
2020.03.30 15:23 デザインのタイトル,デザインの内容が修正されました。
2020.03.30 12:59 デザインが公開されました

ユーザーの立場でプロデュースする

ユーザーの立場にたって、この投稿作品をプロデュースしてください。各アクティビティに応じて、ポイントを獲得することができます。

Step 1 : Want it

この投稿作品が販売された場合、「購入したい」と思う場合は「Want it」を、そうでない場合は「Skip it」を押してください。どちらかを押すことで、5ptを獲得できます。

 : 1,460

スコア : 30

Step 2 : Promote it

この投稿作品が多くの人に評価されることで、製品化がされやすくなります。SNSでシェアすることで、ぜひこの作品を応援してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr

Step 3 : Alert it

この投稿作品に類似する製品が既にある場合、URLを入力することで教えてください。こちらの貢献により10ptを獲得できます。

※内容が不正である場合は、事務局によって取り消されます。

類似デザインを報告するには、ログインしてください。

Step 4 : Comment it

この投稿作品に対する応援のコメントや改善の提案など、プロデューサーとして前向きなコメントをご投稿ください。コメント投稿により10pt、コメントに「いいね」が1つ付くごとに5ptを獲得できます。

※内容が不正である場合は、事務局によって取り消されます。

コメントを投稿するには、ログインしてください。

  • perfectlypure
    perfectlypure
    スパムとして報告する perfectlypure まあるい和紙を通した、柔らかで優しい光が部屋の中にふんわり広がり、癒し効果がありそうです。窓の片隅に寄せて重ねてある様子も美しく上品で、カフェや美容院などのガラス張りの店舗にも合いそう。外の景色の隠したい場所のみを隠したり、強すぎる陽射しのみを遮ったりと機能性も期待できそうですね、とにかく手に取って試してみたい作品です。
    Chihiro
    Chihiro
    スパムとして報告する Chihiro Perfectlypureさん コメントをありがとうございました。カーテンレールを利用することで位置を自在に調整出来、重ねて収納もできるというところは現代へ「障子」的なものを持ち込むにあたって、使い勝手を随分考えさせられた部分なんです。その様子を美しいと思ってもらえて大変嬉しく思います。気持ちの良い空間を創出できるモノとしての在り方を探ってゆきたいです。
  • Naoko Ohta
    Naoko Ohta
    スパムとして報告する Naoko Ohta 「てま・ひま」をかけ自然の生命を漉いた素材は、これから私たちが改めて見直し、より普通の暮らしのなかで共生していくべきものだと感じています。人びとの生活を分断して隔てるのではなく、自然と共生することで創りだす曖昧な空間で慈しめる作品ですね。形も自在に組めるところも魅力です。吊りの高さも陽の差し込む位置や時間で上下できることで、一日の時間を自然の中で体験してみたい。
    リビングダイニングや寝室など屋内でも存分に楽しめそうです。
    Chihiro
    Chihiro
    スパムとして報告する Chihiro Naoko Ohtaさん コメントいただきありがとうございます。自然の恵みを丁寧に人の手で生活道具に作り変え、身近に置いて生活することは、ふ と自然との繋がりを意識できたりもして素敵だなぁと思います。Ohtaさんの言う様に「人と自然を分断して隔てない」外の世界の気配を運んできてくれる道具。として普通の暮らしの中に入れたらいいなと思います。
    レイアウトを自由に動かし、意外な美しい表情を見つけ楽しんでもらいたいです。
  • banana age
    banana age
    スパムとして報告する banana age 和紙を透した柔らかな光と、suku waとsuku waの間を通る直接の光が、壁に映ると、また別の世界が広がりそうです。朝日や夕日の低い位置の太陽の光、特に赤みを帯びた光では、洋室の白い壁にファンタジーが広がりそうです・。
    Chihiro
    Chihiro
    スパムとして報告する Chihiro banana ageさん コメントありがとうございます。 banana ageさんがイメージしてくれた様に、時間帯によって変化するであろう和紙を通過する光と、円と円の隙間を抜けてゆく光が創るコントラスト。それらが作る室内空間を日々楽しんで生活してもらえたら、それはとても嬉しいことです。
  • fff
    fff
    スパムとして報告する fff どのように和紙を透いた陽光が差し込むのか、自宅でも試したくなります。早朝にジョギングをする私は陽光で目覚めたいのですが、起床時間の違う横で寝ている妻はまぶしいので遮光しておいてほしいといいます。そういった相反する要望の中間を実現してくれ得るデザインだと感じます
    Chihiro
    Chihiro
    スパムとして報告する Chihiro fffさん コメントありがとうございます。そうですね、昔の障子であれば朝の光が射し込む空間であっても眩しいと感じることはなく、外の明かりの気配をちゃんと感じさせてくれるものだと思います。そんなfffさんの言う「中間さ」を実現するものが、昔は身の周りに結構あったかもしれないなぁとコメント頂き考えさせられました。suku waがそういう存在感を目指してゆけたら本望です。
  • Yuriko
    Yuriko
    スパムとして報告する Yuriko 和紙は呼吸をしていると聞いたことがあります。そんな和紙に陽光が射し込むと、心地よい空間が生まれるのでしょうね。季節や陽の具合によって様々な表情を見せてくれそうなところに魅力を感じます。
    Chihiro
    Chihiro
    スパムとして報告する Chihiro Yurikoさん コメントありがとうございます。和紙は室内空間の湿度を調節したり、紫外線をカットしたり、赤外線をカットし暑さを和らげたりしてくれる凄い性能を持っています。ほんとに呼吸している生きた素材ですよね。その様な頼もしいものをゆっくりと味わいながら生活するのは素敵だなぁ、と思うんです。

本ウェブサイトはCookieを使用しています

Cookieは統計目的で使用されます。また、サードパーティのサービスによって設定されるCookieもあります。「OK」をクリックすると、クッキーの使用をご承諾いただいたこととなります。

詳細を表示詳細を閉じる

この同意は以下のドメインに適用されます:watote.trinus.jp

クッキーとは?

クッキーは、コンピューター、タブレットまたは携帯電話に保存される小さなデータファイルです。クッキーは、有害なプログラムやウイルスが存在する可能性があるプログラムではありません。

ページでクッキーを使用する方法とその理由

ページが機能するにはクッキーが必要です。クッキーを使用することで、あなたのページのアクセス履歴の概要を確認でき、その情報をもとにあなたの要件や興味に合わせてページを継続的に最適化、調整することができます。たとえばクッキーは、あなたがショッピングカートに追加したもの、以前このページにアクセスしたか、ログインしているか、ページ上で表示させたい言語や通貨、といった情報を記憶しています。また、他のページ上で当社の広告をあなたに沿ったものにするためにクッキーを使用する場合もあります。非常に一般的な使い方としては、あなたとできるだけ関連性が高いコンテンツを表示するためにクッキーを使用しています。

クッキーはどれくらい保存されますか?

あなたのデバイスにクッキーが保存されるクッキーの期間は異なります。期限が切れる予定日時は、最後にホームページにアクセスした日をもとに算出されます。クッキーは期限が切れると、自動的に削除されます。

クッキーを拒否または削除する方法

コンピューター、タブレットまたは携帯電話のブラウザ設定を変更することで、いつでもでクッキーを拒否することができます。設定がどこにあるかは、使用するブラウザの種類により異なります。設定を変更されると、利用することができない機能やサービスがある場合がありますのでご注意ください、そうしたサービスや機能はホームページがあなたの選択を記憶できるという状況でのみご提供可能なためです。

こちらから、Google Analyticsのクッキーをブロックするように設定することができます。

こちらから、複数のネットワークで情報を共有する広告ネットワークのクッキーをブロックするように設定することができます。

クッキーの削除

過去に承認したクッキーを削除することができます。最近のバージョンのブラウザを搭載したパソコンを使用している場合は、次のショートカットキーを使ってクッキーを削除できます:CTRL + SHIFT + Delete ショートカットキーが機能しない、および/またはApple社のコンピューターを使用している場合は、ブラウザの種類を確認し、関連するリンクをクリックしてください:

注意:複数の異なるブラウザを使用している場合は、すべてのブラウザからクッキーを削除する必要があります。

他にご質問はございますか?

今回お伝えした情報および/または個人情報の処理に関するご質問やご意見がある場合は、お気軽にお問い合わせください。info@trinus.jp