KAMI ZARA

最終更新 2021年06月12日
1,817 85 7
85

屋外の屋台やバーベキュー・キャンプなどで、よく紙の皿を使用します。当然、その時に割り箸やフォークを使用すると思いますが、ふとしたことで地面に落としてしまった経験はありませんか?
食べたいものを皿一杯に沢山乗せた時などは、割り箸の置き場所がなくて、皿の端のほうに置いていたら、ちょっとした拍子に、ぽとっ・・と。屋外では特にテーブルも汚いためテーブルの上に落ちた割り箸は、ほとんどの人がためらいもなく捨てて、新たに新品の割り箸を使用すると思います。
例え割り箸でも地面に落として常に捨てていては、資源を大切にする観点から好ましくないと思います。そんな割り箸やフォークを置いておける決まった場所があれば、皿一杯に食べ物を乗せても割り箸の置き場所に困る心配がありません。
また、割り箸やフォークは、KAMI ZARAの曲げて立てた爪形状部により安定して保持されるため、容易に皿から地面に落ちたりすることが無くなり、落として汚れた割り箸を新品に交換する頻度も減ると思います。

85
このアイデアにいいね!しよう
  • 中村涼子
  • 永井真理
  • 栗林杏奈
  • 新海瑞穂
  • 森江有希
  • 柴田由愛
  • 豊後美鈴
  • 大重真紀
  • 水谷ちえ
  • 市村佐和
  • 篠塚真奈美
  • 小畑喜美
  • 大場早百合
  • 横須賀美緒
  • 小倉なつ
  • 坂本真知子
  • 長塚恵梨香
  • 古瀬友香
コメント

コメントを投稿するには、ログインしてください。

  • よさく
    よさく
    スパムとして報告する よさく 面白いと思います。
    とても興味深いので敢えてシビア目なコメントを残しますが、下記2点ご検討頂ければ幸いです。

    1.類似アイディアの存在
    【実用新案登録第3180156号】
    箸ホルダーを備える使い捨て容器の類似案がいくつか存在するようです。上はそのうちの一つなのですが、こういった類似案との違いを明確化して頂くことをお勧めします。

    2.物理検証
    お皿である以上、カラになる(上に何ものっていない)状況というのは当然想定されます。皿がカラの状態で、箸をホルダーに置き、加えて皿をテーブルに置いた状態(ちょうど使用環境イメージのような状態ですね)で皿が転覆しないことが求められると思いますが、モックアップを作製するなどして安定性の保証がなされることで、企画の説得力が底上げされるのではないかと思います。(現行デザインは転覆しないか心配です)
    よさく
    よさく
    スパムとして報告する よさく プロトタイプがあると物理検証も捗りますね。
    当初のデザインと比べると…まぁ…不格好にこそなってしまいましたが。従来品に対する技術的優位性という観点で見れば、nanaさんの仰るように盤石の体制になりつつあると僕も思います。

    足場を備えたことで不格好になってしまったデザインは、この際、追々煮詰め直せばよしとしましょう(笑
    本件にはヒット商品の片鱗が垣間見えます。いちユーザーに過ぎない僕が述べるのも奇妙な話ですが、今後も改良に改良を重ねらることを期待しています。
    グッドラック(・ω・)ノ
    nekono_nana
    nekono_nana
    スパムとして報告する nekono_nana とても貴重なご意見ありがとうございました。
    よさく様も頑張ってください。

編集履歴

2019.10.30 00:36 デザイン画像が修正されました。
2019.10.28 23:46 デザイン画像が修正されました。
2019.10.27 22:16 デザインが公開されました

ユーザーが投稿したコンテンツ(デザイン・コンセプト、商品デザイン、文章、画像、動画その他のデータを含むがこれに限りません。)の知的財産権は、会員に帰属します。無断での転載・引用は禁止されています。

類似デザインのご報告はこちらから

類似デザインを報告

この投稿デザインに類似する製品が既にある場合、URLを入力することで教えてください。
※内容が不正である場合は、事務局によって取り消されます。

本ウェブサイトはCookieを使用しています

Cookieは統計目的で使用されます。また、サードパーティのサービスによって設定されるCookieもあります。「OK」をクリックすると、クッキーの使用をご承諾いただいたこととなります。

詳細を表示詳細を閉じる

この同意は以下のドメインに適用されます:watote.trinus.jp

クッキーとは?

クッキーは、コンピューター、タブレットまたは携帯電話に保存される小さなデータファイルです。クッキーは、有害なプログラムやウイルスが存在する可能性があるプログラムではありません。

ページでクッキーを使用する方法とその理由

ページが機能するにはクッキーが必要です。クッキーを使用することで、あなたのページのアクセス履歴の概要を確認でき、その情報をもとにあなたの要件や興味に合わせてページを継続的に最適化、調整することができます。たとえばクッキーは、あなたがショッピングカートに追加したもの、以前このページにアクセスしたか、ログインしているか、ページ上で表示させたい言語や通貨、といった情報を記憶しています。また、他のページ上で当社の広告をあなたに沿ったものにするためにクッキーを使用する場合もあります。非常に一般的な使い方としては、あなたとできるだけ関連性が高いコンテンツを表示するためにクッキーを使用しています。

クッキーはどれくらい保存されますか?

あなたのデバイスにクッキーが保存されるクッキーの期間は異なります。期限が切れる予定日時は、最後にホームページにアクセスした日をもとに算出されます。クッキーは期限が切れると、自動的に削除されます。

クッキーを拒否または削除する方法

コンピューター、タブレットまたは携帯電話のブラウザ設定を変更することで、いつでもでクッキーを拒否することができます。設定がどこにあるかは、使用するブラウザの種類により異なります。設定を変更されると、利用することができない機能やサービスがある場合がありますのでご注意ください、そうしたサービスや機能はホームページがあなたの選択を記憶できるという状況でのみご提供可能なためです。

こちらから、Google Analyticsのクッキーをブロックするように設定することができます。

こちらから、複数のネットワークで情報を共有する広告ネットワークのクッキーをブロックするように設定することができます。

クッキーの削除

過去に承認したクッキーを削除することができます。最近のバージョンのブラウザを搭載したパソコンを使用している場合は、次のショートカットキーを使ってクッキーを削除できます:CTRL + SHIFT + Delete ショートカットキーが機能しない、および/またはApple社のコンピューターを使用している場合は、ブラウザの種類を確認し、関連するリンクをクリックしてください:

注意:複数の異なるブラウザを使用している場合は、すべてのブラウザからクッキーを削除する必要があります。

他にご質問はございますか?

今回お伝えした情報および/または個人情報の処理に関するご質問やご意見がある場合は、お気軽にお問い合わせください。info@trinus.jp